母が元気だと確認するためのスマホゲーム

最近毎日30分くらいスマホゲームをしています。どちらかといえば、日常的にゲームをする方ではありませんでした。今もどっぷりハマっているかというとそこまででもないです。でも、毎日のスマホゲームは欠かしていません。何故かというと、別々に暮らしている母親のスコア記録更新を見られるからです。スコア記録が更新されているということは、元気にスマホゲームをしている証拠ですよね。大幅にスコアが上がっている時は、なんだか笑ってしまいそうになります。私は去年まで親元で暮らしていました。でも、今は実家を出て一人暮らしをしています。もう実家を出て1年近く経つのに、今だにホームシックになることがちょこちょこあります。もともと母と仲が良かったからだと思います。そんなホームシック気味な私を、スマホゲームが救ってくれています。母と直接連絡を取っても良いのですが、スマホゲームでお互いのスコアを確認することでもつながっている感じがするのです。スマホゲームがそういう役割を果たしてくれるとは、予想外ですがとても助かっています。
レッドコラプション

すっぴんでも、眉だけは。

眉毛が薄くて困っている事は、すっびんでも眉だけは描かないとまるでまろ眉なことです。
学生の頃は、化粧禁止だったので眉を描くことも出来ずどの写真もまろ眉姿で映るので、写真を撮られるのが嫌でした。
化粧をするようになり描くのですが、近場のコンビニなどすっぴんで行きたいようなところも眉だけは描いて行かないと……と思ってしまいます。
しかし眉だけを描くと、浮いてしまい結局手抜きだとしても化粧をしなくてはならないのも面倒ですし、どんなに自然な感じに眉毛を描いても元々が薄いので、描きました感が出てしまいなかなか理想通りにはなりません。
眉が薄いので、すっぴんは怖い印象になってしまい化粧のあるなしで顔の雰囲気がかなり変わってしまうことにも悩んでいます。
汗をかく夏場やプール、海なども気づくと眉が消えてしまうので気をつけています。
ニット帽なども知らないうちに擦れて消えているので帽子を被りたいとは思うのですが躊躇してしまいます。
ただ薄いのでどんな眉にも対応できる点は、濃い方よりいいのかな、と思っています。
キルドヤr

年寄りの家には見回りをかねての食品の点検が必要

私の両親もですが、年をとってくると、食べ物の賞味期限が過ぎてても、ついつい使っているというケースがあります。子供がいて、孫がいて、何らかの刺激があるお年寄りはまだその点は『孫に食べさせるから…』というように気が回っていますが、完全にお年寄りが二人だったり、独居老人にはそんな気はなかなか回せないのが現実です。そんなお年寄りが近所には数人いるので、私や息子はそんなおばあちゃんたちの所に行っては、これもらっていってもいい?というようにして、賞味期限切れの物をもらってきます。これ賞味期限が切れてるから捨てるよ!という言葉には、戦争を体験したお年寄りには心が苦しくて言えません。それはこれから先、災害にあったら、私たちもそれどころではない事は充分にわかっています。でも戦後の食べ物がなく苦労したお年寄りの経験を聞いていると、捨てるよなんていう言葉は言えません。しかしそうしてでも賞味期限の切れた物を取り上げとかないと、間違って食べてしまって、大変な事になったら大変です。そうして回収しつつ、現代の食品にはいろんな手が加えられていて便利は便利だけど、賞味期限が長かった時代の食品ももっと蘇らせて受け繋いでいくことも必要だなあと実感します。イディオムガールΩ

眉毛を抜きすぎてメイクに苦労

私が学生の頃は、女性は細く吊り上げた薄い眉が主流で皆そのように整えていました。
私もその一人です。
毎日はみ出て生えてきた眉毛をピンセットで抜いて、毛はハサミで短くカットして整えていました。
短くすることで薄くなり、主張しない眉に仕上がるからです。
学生時代はそのように整えていましたが、今はむしろ太眉が主流です。
もとの眉の形を生かし、しっかり眉を生やすのが普通。
細くて薄い吊り上げ眉は今やると古くさい顔になってしまいます。
そのため私もしっかり眉を生やして太さのある眉に仕上げたいのですが、学生時代眉毛を抜きすぎたために、眉毛があまり生えてこなくなってしまいました。
特に眉尻のほうはほとんど生えてこないため、すっぴんだと麻呂眉のような状態です。
そのためメイクにとても苦労しています。
アイブロウで眉を描こうとも、左右で同じ形に仕上げるのがとても難しく、さらに眉毛も薄いためナチュラルなバサバサ感のある眉に仕上がりません。
メイクが落ちてしまったら眉が跡形もなく消えてしまうので、こまめにチェックしなければならず、ひと苦労しています。
あいりすミスティリアr